粉末スムージーと自家製スムージーではどちらがダイエットに向いているのか

スムージーダイエットをされている方には、ミキサーでスムージーを作って飲んでいる方もいれば、粉末のスムージーをシェイクして飲んでいる方もいると思います。

ダイエットで飲むからにはカロリーが気になる所ですが、それぞれのカロリー事情はどのようになっているのでしょうか。

カロリーが低いスムージーランキング スムージーダイエットをされている方には、ミキサーでスムージーを作って飲んでいる方もいれば、粉末のスムージーをシェイクして飲んでいる方もいると思います。 どちらを飲んでも、ダイエット効果はあるとは思うのですが、ダイエットとなると気になるのが、カロリーはどのくらいなのかということです。 それぞれのカロリー事情はどのようになっいるのでしょうか。 ●自家製スムージーのカロリー 自家製スムージーの定番レシピを例に挙げてみます。材料一つ一つを計算してみると、どれくらいのカロリーになるのでしょうか。スムージー1杯あたりのカロリーを計算してみます。 ○手に入れやすい材料を使ったスムージー ○材料 りんご1個(136kcal)、セロリ1/2本(7kcal)、水 3/4カップ ○作り方 りんごはヘタを取り、一口大の大きさにきったら皮と種ごとミキサーに入れます。 セロリは縦に半分に切って、3センチ程度のざく切りにしてミキサーに入れます。 水を入れて蓋をして、ミキサーのスイッチを押し滑らかになったら出来上がりです。 非常にシンプルで材料も2種類しか使用していませんが、約143kcalあります。 ●ちょっと贅沢にブドウを使ったスムージー ○材料 ブドウ1/2房(128kcal)、レモン1/8個(5kcal)、水菜1/2株(7kcal)、水 3/4カップ ○作り方 ブドウは房から種を外して、半分に切って皮と種ごとミキサーに入れます。 レモンは包丁で皮を外して、種をすべて取り1/8スライスをミキサーに入れます。 水菜は5㎝程度のざく切りにして、ミキサーに入れます。 水を加えて蓋をしミキサーにかけ、滑らかになったら出来上がりです。 一見カロリーが低そうなレシピですが、こちらで約140kcalあります。 ●粉末スムージーのカロリーランキング 当サイトが紹介しているスムージーの中から、各メーカーが公表している1杯あたりのカロリーが低い順番にランキングにしてみました。 ○【1位】生酵素グリーンスムージー(18kcal) 1位は生酵素グリーンスムージーで1杯あたり18kcalです。 222種類の野菜や果物の原料が含まているのに1杯あたり18kcalは驚きです。味もカロリーが低いにも関わらず、マンゴー味で飲みやすいとの口コミも多く見られます。 ○【2位】るんるん美人のグリーンスムージー(19kcal) 2位は、るんるん美人のグリーンスムージーで1杯あたり19kcalです。 1杯あたりのコストも業界トップクラスですが、1杯あたりのカロリーもトップクラスです。まだスムージーを飲んだことがなく、とりあえず1度飲んでみようかという方におすすめです。 ○【3位】ミネラル酵素グリーンスムージー(23kcal) 3位がミネラル酵素グリーンスムージーで23kcalです。 圧倒的な人気を誇るスムージーだけあって、カロリーもしっかり抑えられています。トータル的に優れたスムージーだと言えます。 ●まとめ 自家製のスムージーと粉末のスムージーのカロリーを比べると、粉末スムージーの方が圧倒的に低カロリーである事がわかります。 自家製スムージーのレシピを見てみると、果物がカロリーを上げている要因になっていることがわかります。 ただ、カロリーが気になるかといって、果物の量を減らすと青臭いスムージーになってしまい、飲みにくくなってしまいます。 生の野菜や果物で作ったスムージーからは、効率よく酵素などの栄養素が取り入れることができるなどのメリットはあるのですが、ダイエットはカロリー制限していくことが痩せる為には重要になってくるので、すこしカロリーが高いというのは引っかかる所です。 また、上記のカロリー値は1杯あたりの数値なので、1日3杯飲むとすると、自家製スムージーだとかなり高カロリーになってしまいます。 果物に含まれる糖質は、お菓子などの糖質とは違い「果糖」と呼ばれ、エネルギーに変換されやすい糖質ではあるとはいえ、摂り過ぎるとダイエット効果を阻害しかねません。 そうなると、ダイエット効果を最大限に引き出す為には、粉末のスムージーがおすすめであると言えます。

自家製スムージーのカロリーはどのくらいなのか

自家製スムージーの定番レシピを例に挙げてみます。材料一つ一つのカロリーはどのくらいになるのでしょうか。スムージー1杯あたりのカロリーを計算してみます。

手に入れやすい材料を使ったスムージー

○材料⇒りんご1個(136kcal)、セロリ1/2本(7kcal)、水3/4カップ

○作り方

  1. りんごはヘタを取り、一口大の大きさに切ったら皮と種ごとミキサーに入れます。
  2. セロリは縦に半分に切って、3センチ程度のざく切りにしてミキサーに入れます。
  3. 水を入れて蓋をして、ミキサーのスイッチを押し滑らかになったら出来上がりです。

非常にシンプルなレシピで、材料は2種類しか使用していませんが約143kcalあります。

ちょっと贅沢にブドウを使ったスムージー

○材料⇒ブドウ1/2房(128kcal)、レモン1/8個(5kcal)、水菜1/2株(7kcal)、水3/4カップ

○作り方

  1. ブドウは房から種を外して、半分に切って皮と種ごとミキサーに入れます。
  2. レモンは包丁で皮を外して、種をすべて取り1/8スライスをミキサーに入れます。
  3. 水菜は5㎝程度のざく切りにして、ミキサーに入れます。
  4. 水を加えて蓋をしミキサーにかけ、滑らかになったら出来上がりです。

さっぱりした味で一見カロリーが低そうなレシピですが、こちらで約140kcalあります。

粉末スムージーのカロリーランキング

では、粉末スムージーのカロリーはどのくらいなのでしょか。

当サイトが紹介しているスムージーの中から、各メーカーが公表している1杯あたりのカロリーが低い順番にランキングにしてみました。

【1位】生酵素グリーンスムージー(18kcal)

1位は生酵素グリーンスムージーで1杯あたり18kcalです。

222種類の野菜や果物の原料が含まているのに、1杯あたり18kcalは驚きです。味もカロリーが低いにも関わらず、マンゴー味で飲みやすいとの口コミが多く見られます。

【2位】るんるん美人のグリーンスムージー(19kcal)

2位は、るんるん美人のグリーンスムージーで1杯あたり19kcalです。

1杯あたりのコストも業界トップクラスですが、1杯あたりのカロリーもトップクラスです。まだスムージーを飲んだことがなく、とりあえず1度飲んでみたいという方におすすめです。

【3位】ミネラル酵素グリーンスムージー(23kcal)

3位がミネラル酵素グリーンスムージーで23kcalです。

圧倒的な人気を誇るスムージーだけあって、カロリーもしっかり抑えられています。トータル的に優れたスムージーだと言えます。

まとめ

自家製のスムージーと粉末のスムージーのカロリーを比べると、粉末スムージーの方が圧倒的に低カロリーである事がわかります。

自家製スムージーのレシピを見てみると、果物がカロリーを上げている要因になっています。とはいえ、カロリーが気になるかといって果物の量を減らすと、こんどは青臭いスムージーになってしまい飲みにくくなってしまいます。

生の野菜や果物で作ったスムージーからは、効率よく酵素などの栄養素が取り入れることができるメリットはあります。ただ、痩せる為にはカロリー制限していかないといけないので、カロリーが高いということはダイエットをする上で引っかかる所です。

また、上記のカロリー値は1杯あたりの数値なので、1日3杯飲むとすると自家製スムージーだと約420kcalで粉末スムージーは60kcalと、かなり差がでてきてしまします。

果物に含まれる糖質は「果糖」と呼ばれ、お菓子などの糖質とは違いエネルギーに変換されやすい糖質ではあるとはいえ、摂り過ぎるとダイエット効果を阻害しかねません。

そうなると、ダイエット効果を最大限に引き出す為には、粉末のスムージーを飲んでいくことがおすすめであると言えます。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ