授乳期に起こる5つのトラブルにはスムージーが効く!

出産後の授乳期は出産で体力が低下している為、その時期特有のトラブルが多くなります。そんな時はスムージーを補給して、ストレスなくトラブルを乗り切っていきましょう。

授乳期に起こる6つのトラブルにはスムージーが効く!

スムージーが風邪薬の変わりになってくれる

授乳期はできるだけ体調を崩したくないところです。風邪などで体調を崩してしまうと、産まれたばかりの赤ちゃんとの生活に支障をきたします。

もし風邪をひいてしまった場合、早く治したいので風邪薬に頼りたい所ですが、母乳を飲んだ赤ちゃんに影響があるのではないかと心配してしまいます。

やはりママの体に摂取した物は、少なからず母乳の成分に影響を与えるものなので、できれば薬の服用は避けた方が安全です。

授乳期の風邪の治療は飲み薬に頼らず、スムージーからビタミンをたっぷり補給しながら、体の力で治していくようにしましょう。

スムージーに含まれるビタミンには、疲労回復効果があるビタミンB1や、免疫力を高めるビタミンE、ウイルスの侵入を防ぐビタミンAなど、風邪の症状に効いてくれるだけでなく、事前に風邪を予防してくれる栄養素も含まれています。

出産後の怖い病気を防げる

妊娠中にかかりやすい病気に、高血圧、タンパク尿、むくみを三大症状とする妊娠中毒症があります。

この病気は妊娠前に不摂生な食生活をしていて、体内に糖が溜まりやすい状態になっていたり、高血圧の人がかかりやすくなります。

出産後はほとんど改善されていくのですが、まれに出産後1ヶ月をすぎても妊娠中毒症の症状が残っている場合があり、これを妊娠中毒症後遺症といいます。

この病気は、完全に完治しないままでいると、将来慢性の高血圧症になる心配があるうえに、次回の妊娠の時に妊娠中毒症が重症になるおそれがあります。

妊娠中毒症を引きずっていかない為にも、出産後はスムージー生活にしていくことをおすすめします。スムージに含まれるカリウムや食物繊維は、血圧の上昇を抑えてくれる効果があります。

また、毎日がスムージー生活になれば少しずつ味覚が変わってくるので、糖質などの高カロリー食品を好んで食べなくなり、妊娠中毒症になる可能性を軽減してくれます。

授乳期の体重コントロールに役立つ

妊娠中に体重は10キロ前後増えますが、出産後は5キロほど減少します。残りはそのまま脂肪となりますが、次第に不必要な脂肪は消えて、だいたい1ヶ月で元の体重に回復していくといわれます。

しかし現実には、元の体重に戻るまで約半年はかかる人が多いようです。半年かかって戻ってくれればいいのですが「育児太り」と言われるような、妊娠をきっかけに太ってしまう人さえいます。

これは体質と言うよりも、むしろ産後の食生活に問題があります。産後の授乳期は栄養の高い母乳を出し続けるので食欲が増してきます。

この時の食欲に任せて、何も考えずに高カロリーな物を食べ続けていくことで太ってしまうのです。

授乳期に極端なダイエットは禁物ですが、この時期は食欲に振り回されず、スムージーを摂り入れながら食事量とカロリーをコントロールしていくことが理想です。

スムージーは1杯飲むだけでも、母乳に必要なカルシウムやビタミンをたくさん補給することができます。また、含まれる食物繊維は胃のなかで膨張してくれるので、食事量のコントロールに一約買ってくれます。

授乳期はスムージーと3回のほど良い食事で体型を少しずつ戻していき、断乳と同時にスムージーダイエットに挑戦し、スリムな体を手に入れていってください。

お肌のトラブルを内部から改善してくれる

妊娠中はホルモンのバランスが崩れ、シミやそばかすが出来やすくなりますが、授乳期に入れば次第に消えていきます。とはいえ、その期間に皮膚の新陳代謝が悪ければ消えにくくなるので気をつけてください。

産後も外出するときは、本格的なシミやそばかすにならないように、日焼けクリームをつけたり、帽子をかぶるなどして外部からのケアをしていきましょう。

それだけでなく、スムージーに含まれる栄養素を体内に摂り入れ、内部からのケアすることも肌にとっては重要です。

スムージーには、メラニンの沈着を抑えてシミを予防してくれるビタミンCや、肌の粘膜を強くしてくれるビタミンAなど、美肌効果がある栄養素がたくさん含まれています。

スムージーからビタミンを摂り入れ、内部からもきちんと予防することができれば、シミやそばかすは順調に消えていきます。

マタニティブルーの症状を緩和してくれる

授乳期に入ると訳もなく涙が出てきたり、家族のちょっとした言葉が気にさわって悲しくなったりすることがあります。

これは「マタニティーブルー」と呼ばれるもので、出産を境にして今まで盛んに分泌されていた女性ホルモンが急激に低下し、ホルモンの状態がガラリと変わることで起こります。

その他にも、家で1人で育児に取り組まなければならない孤独感や不安などのストレスが重なり、感情が不安定になることも原因のひとつになります。

こういったマタニティブルーの症状にも、スムージーが活躍してくれます。スムージーに豊富に含まれる酵素を摂り入れると、イライラや情緒不安定が解消され、マタニティブルーの症状を緩和してくれます。

また、うまく授乳ができない場合のあせりも、マタニティブルーを悪化させる要因になってしまうのですが、スムージーから酵素を補給した後は、血液がサラサラになるのでお乳の出が良くなります。

当然、血液の栄養状態もよくなりますので赤ちゃんの脳の発育にもよく、すくすくと元気に育ってくれます。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ