しっかり成果を出すファスティングのやり方はこれ!

健康ブームが続く中、テレビや雑誌で「ファスティング」や「断食」という言葉を、よく目にするようになりました。それに合わせて、ファスティグを実践する方も多く、その効果を実感している方も多いようです。

ただ、知識の無い状態でファスティングを行ってしまうと、諸刃の剣になりかねません。まずは正しいやり方を知った上で実践していくことが大切です。

しっかり成果を出すファスティングのやり方はこれ!

ファスティングは楽しむことが大事

ファスティングといえば「断食」という言葉を連想すると思いますが、断食というと、修行のようでつらいイメージが先行してしまいがちです。

ファスティングを行うに当たって、今まで毎日3食しっかり食べていた人が、「明日から何も食べれないんだ・・」と思うと、それだけでストレスに感じると思いますし、空腹が襲ってくるのであろう恐怖感も、始める前からの懸念事項だと思います。

ただ、そのようなイメージを持ったまま、ファスティングを行ってしまうと挫折してしまう恐れがあります。ファスティングを行うときは、まず「楽しんでやる」という気持ちで臨むことが大事です。

実際にファスティングをおこなっていくと、エンドルフィンやドーパミンが放出され、幸福感を感じたり、気分が良くなったりします。マラソンランナーが体験するランナーズハイのような感じです。

他にも、腸内の汚いものが隅々まで排出されたときのスッキリ感といったらたまりません。便秘の人は、便が出るということを想像しただけでもワクワクするのではないでしょうか。

そして、なんといってもファスティング期を終えた後のお粥は最高においしいです。食べる事に感謝する機会が中々ない今日で、食べるという事に感動することができます。

このように、ファスティングをすれば、今まで体験したことのない素晴らし事がまっています。幼少の頃のような気持ちで、楽しんでファスティングに取り組んでみてください。

ファスティングを行うまえに・・

さぁ、ファスティングに挑戦するぞ!と行きたいところですが、このような方はファスティングをひかえるようにしてください。

病院で治療中の方

医師から処方されている薬を飲んでいる場合、体内に摂り入れられた薬は毒素と判断されてしまう為、ファスティングを行うとデトックスされてしまいます。

海外ではファスティングが治療法の一つとして認められてるとはいえ、健康体ではない状態でファスティングをすることは危険です。まずは、専属の医師に相談するようにしてください。

妊娠・授乳中の方

妊娠中や出産後の女性は、たくさんのエネルギーが必要になります。自分と新しい命の2人の栄養を蓄えないといけません。この時期は食べものを摂取しないのではなく、体に良い物をしっかりと摂っていくことが大切です。

いよいよファスティングに挑戦!

はじめて富士山に登る時、いきなり頂上を目指してしまうと、途中で音をあげてしまうのと同じように、初めから長期間のファスティングをすると挫折してしまいます。

まずはファスティングの正しいやり方を知り、しっかり準備をして、1歩1歩進んでいくことが大事です。それでは、ファスティングのやり方をステージごとに説明していきます。

半日ファスティング

まずは第1ステージの半日ファスティングです。やり方は、朝食を抜いて1日2食にする方法です。プチ断食呼ばれることが多いですね。

前日の20時までに夕食を食べ、ファスティング当日の昼食まで何も食べなければ、合計18時間のファスティングをしたことになります。

ファスティング初挑戦の方は、まずこの半日ファスティグを乗り越えてみてください。

思ったより簡単に乗り越えれると思いますし、半日ファスティングしただけでも十分効果はあります。翌日はいつもより体が軽く感じ、便の出方にも変化がみられると思います。

ファスティング前日は、食事量を腹7分目ぐらいまでにして、野菜類、豆類、果物を中心に摂る事が理想です。ファスティング当日の昼食は、消化の良いお蕎麦などを食べ、夜は玄米と野菜を食べるなど、胃腸に優しい食事にしましょう。

1日1食ファスティング

1日1食のファスティングは、有名芸能人やスポーツ選手もやっている方が多く、その人達の年齢に対する若さを見ても、効果的な方法であることが分かります。

ファスティング前日の食事は「明日は1食しか食べれないから食い溜めしておこう」という考えはしないでください。翌日行うファスティング効果が薄れるばかりでなく、ファスティング中に体調を崩してしまう恐れもあります。

1回の食事は夕食に摂る事をおすすめします。このときも極力、消化によいものを摂るようにしてください。

リラックスした気分で過ごしたほうがいいので、日曜日にやる事をお勧めします。翌日の朝食は、お粥を食べ、昼食以降は揚げもの、肉類は避けるようにしてください。

週末ファスティング

金曜日の夜から始める2日半のファスティングです。平日仕事をしている方は、生活にマッチしたファスティング方法になると思うのでやりやすいと思います。

一日中食事を摂らない代わりに、水をたくさん補給していきます。1.5リットルのペットボトルを目安にすると良いと思います。

少し難易度が上がりますので、どうしても空腹に我慢できなくなったら、梅干しや野菜ジュースを摂って紛らわしてください。

半日ファスティングや1日1食ファスティングに比べ、毒素の排泄、高揚感、達成感などのファスティング効果を十分に感じることができます。

7日間ファスティング

やり方は週末ファスティングと同じで、日数が長くなったパターンのファスティングです。

専門家の指導がない場合のファスティングは、この7日間ファスティングまでにするようにしてください。週末ファスティングを何度か行ってみたうえで、自分の体と相談して行うようにしてください。

仕事をされている方はスケジュールを調整し、長期連休が取れたときなどに行うと、安定した気持ちで乗り切れると思います。

ファスティングのアドバイス

どのステージのファスティングを行う場合でも、水はたくさん摂るようにしてください。水を補給すると代謝を高め、体内の毒素が汗や便、尿で排泄されやすくなります。

1日以上のファスティングする場合、水を補給するだけでは不安に感じる方や、実際にやってみて飢餓感を強く感じた場合、スムージードリンクで必要最低限のカロリーを摂取することをおすすめします。

スムージードリンクには、食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を改善してくれる効果があり、ファスティングによるデトックス効果の手助けをしてくれます。朝、夜に飲むと効果的で、飢餓感も薄れて精神的にも安定してきます。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ