スムージーダイエットとジュースクレンズでは一体何が違うのか

新たなダイエット方法として、海外セレブの間で流行しているジュースクレンズ。

一見するとスムージーダイエットと何も変わらないように思えてしまうのですが、何か違いはあるのでしょうか。詳しく探ってみます。

スムージーダイエットとジュースクレンズでは一体何が違うのか

ジュースクレンズとは

ジュースクレンズは、一定の期間を野菜や果物を使用した100%の生ジュースだけで過ごし、体を絞っていくダイエット方法になります。

ハリウッド女優やモデルなど海外セレブの間で注目されたことにより、日本にも広まってきました。無理なカロリー制限で体重の落とすのではなく、体調を整えながら体を引き締めていけることが最大のメリットになります。

ジュースクレンズを行う期間

ジュースクレンズは、3日間を1セットとして行う事が基本です。そして、その前後3日ずつで体の準備や回復の期間をもうけ、合計9日間のスパンで行っていきます。

ジュースクレンズ初日は体が慣れていない事もあり、リラックスして過ごしたほうがいいので、休みの日を利用するようにしてください。

ジュースクレンズを行うタイミングは、体調を整えたいときや暴飲暴食が続いてすぐに痩せたい時など、いつでも大丈夫です。

美容や健康の意識が高い人は、月に1度定期的にジュースクレンズを行っていたりします。一度体験すると、逆に体が要求してくるようになるので、いつクレンズしたら良いのかは、体が教えてくれるようになります。

ジュースクレンズの具体的なやり方

ジュースクレンズをスタートするにあたって、基本的なやり方を箇条書きにしていきます。

  • 朝起きたら、ミネラルウォーターに輪切りにしたレモンを1枚入れて飲みます。
  • ジュースクレンズ期間中、口に入れて良いのはジュースや水などの液体のみです。
  • ジュースは毎日、最低2リットルを5回ぐらいに分けて飲みます。
  • ジュースクレンズ中は極度な運度は避け、リラックスして過ごしましょう。

ジュースクレンズの効果

ジュースクレンズを終えると、様々な効果が期待できます。

体重は、3日間で2キロ程度痩せるという事は普通にあり、合わせて体脂肪も落ちていきます。その他に美肌効果や視力の回復、肩こりの改善など、体の様々な個所に効果が表れてきます。

また、味覚がリセットされ、味が濃い物はあまり好まなくなり、塩分少なめの味で満足出来るようになります。そして、終えた達成感から気分は高揚し、ポジティブ思考になる事ができます。

スムージーとジュースクレンズの4つの違い

ここまでの内容を見てみると、手作りでジュースを作ることや、食事の変わりにジュースを飲んでいくことなど、スムージーダイエットと何も変わらないように感じます。

スムージーダイエットではなく、ジュースクレンズとして注目されてきたからには、何か違いがあるはずです。

これから、スムージーダイエットとジュースクレンズで何が違うのかを、具体的に解説していきます。

ジュースを作る機材が違う

スムージーを作る時はミキサーを使用しますが、ジュースクレンズで飲んでいくジュースを作る時は低速ジューサーを使用します。

低速ジューサーとミキサーの違いは、素材からどうやってジュースを作り出すかという所にあります。

低速ジューサーは、素材を挽きながら搾って液体分だけ抽出していきます。液体だけを抽出する事によって、酵素などの栄養素が壊れにくくなるメリットがあります。

一方、ミキサーは素材をカッターで細かく切り刻み混ぜ合わせてジュースにしていきます。皮や種も一緒に入れる事が出来ることもあり、素材そのままの栄養を摂り入れることができます。

オーガニックにこだわって作る

ジュースクレンズで飲むジュースを作る材料は、オーガニックの物にこだわって作っていきます。ただ、様々な種類の野菜や果物を材料として使用するので、すべてをオーガニックにする事は難しいと思います。

そういう場合は食品専用の洗浄剤などを使い、自宅で農薬を落としていく方法をとっていき、極力無農薬の状態でジュースを作っていきます。

スムージーで使う材料は、スーパーなどで売っている野菜や果物を使用していきます。オーガニックな素材でないといけないということはなく、その時期の旬で新鮮な素材を使用していく形になります。

食物繊維が含まれているかどうか

低速ジューサーは素材を搾ってジュースにするため、不要な食物繊維は搾りカスとなって取りだされます。なのでジュースクレンズで飲んでいくジュースの中には、食物繊維が含まれていません。

一方、ミキサーで作られるスムージーは、素材丸ごとをジュースにするので豊富な食物繊維が含まれています。

食物繊維は体内で消化されにくく、胃や腸に負担がかかるというデメリットはありますが、腸内環境を整えてくれたり、満腹感を与えてくれるメリットがあります。

根葉類を材料として使用する

スムージーに入れる野菜は、基本葉菜類のみになりますが、ジュースクレンズで使用するジュースには葉菜類と一緒に、根葉類などの野菜も入れていきます。

たくさんの野菜を摂れば、様々な種類の栄養素が摂り入れられるというメリットは有ります。

しかし、葉菜類の野菜にビタミンやミネラルが豊富に含まれているのに比べ、大根や人参などの根葉類の野菜には糖分が含まれている物が多く、カロリーが高くなってしまう恐れがあります。

また、ジュースにするとき根葉類を入れると、味がブレやすくなり美味しくない味に仕上がってしまうことがあります。

まとめ

スムージーダイエットとジュースクレンズを比べてみると、ダイエットのやり方は、ほぼ同じなのですが、ジュースが出来上がるまでの過程に多きな違いがある事がわかります。

ジュースクレンズで使うジュースの内容を見てみると、一般的な家庭では作ることが難しいのではないかと思ってしまう部分があります。誰でも行えるダイエットという意味では、スムージーダイエットの方が現実的であるように思います。

とはいえ、新鮮な野菜や果物の栄養素をそのまま吸収できるのはどちらも同じなので、ジュースクレンズに興味のある方は一度お試しになってみてください。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ