ファスティングをするとアトピーが治るって知ってました?

人によってアトピーの症状のレベルは違えど、夜も眠れないような耐えられないかゆみや、人に合いたくなくなるほどの皮膚のただれなど、様々な悩みにさいなまれてしまいます。

人生をアトピーに振りまわされ、何で自分だけこんなに苦しまないといけないのかと思ってしまう程、つらい症状です。

ファスティングをするとアトピーが治るって知ってました?

アトピーになる本当の原因を知ることが大切

アトピーに効くといわれる、食品や治療法はたくさん世に出回っていますが、そのほとんどは完治するまでの効果はなく、結局ステロイドに頼ってしまうというのが現状です。

ただステロイドは、外部から塗って炎症を防ぐものなので、その場しのぎの気休めにすぎません。アトピーが改善することはあるかもしれませんが、完治することはありません。

すべてのアトピー患者が思うことは、「もうアトピーからは完全に開放されて、普通の人と同じ生活がしたい」ということだと思います。

完治させるためには、まず自分の体は何が原因でアトピーになっているのかをちゃんと知ることが大事です。

アトピーの原因は体内にある

アトピーは、外から見える部分の病気なので、どうしても外部から治療していかないといけないと思われがちです。でもアトピーになる原因は、体の外からではなくて、体の中で起こっています。

人間は体の中の悪いものを、便や尿、爪、毛髪などで排泄していきます。そして皮膚にも、それらと同じ排泄器官としての機能があります。

便秘などで、体の中に悪い物がたくさんたまってくると、体は悪い物をどこから出せばいいのかわからなくなり、混乱してしまいます。その結果、体は皮膚から体中の汚い物をアトピーとして出してしまっているのです。

アトピーは時代のながれとともに増えている

日本には約600万人のアトピー患者がいると言われていて、その数は年々増えていっています。

アトピーは、体の中に悪い物が入ってきた時に起こる反応なので、食品添加物や化学物質などが少なかった時代には、アトピー患者はそれほど多くいませんでした。

科学の進歩によって、薬品を使用して作られた野菜や食品添加物が含まれた味が濃い腐らない食品などが、あたりまえのように出回り、体内に入ってくるようになりました。

それらが体内で処理できなくなり、アトピー症状を起こす人が増えたのです。アトピーは「これ以上異物を体内に入れないでください」という体のSOS信号なのです。

アトピーの根本的な原因はこの2つ

では、どのような事が体内で起こり、アトピー症状を引き起こすのでしょうか。その原因を具体的に説明していきます。

腸内環境の乱れ

アトピーの人は、食べることが好きなことが多いです。そして大体食べる事が好きな人は、甘い物が好きだったり、食品添加物がたくさん含まれたものを好んで食べている傾向があります。

それらの食品を食べすぎると消化不良を起こして、消化されなかったタンパク質のカスなどが腸内に溜まって悪玉菌を増やします。そして、悪玉菌が増えたことによる腸内環境の乱れから、小腸が炎症を起こしてしまします。

腸の壁を拡大すると網目のようになっています。小腸が炎症を起こすと、網目が広がって大きくなっていきます。網目が大きくなってしまうと、普段は吸収できない大きな分子までも、腸の壁から吸収されてしまいます。

それによって、腸の壁から血液へ通常は存在しない異物が入り込むと、異物から体を守ろうとしてアレルギー反応が起こり、アトピーを引き起こしてしまうのです。

体の冷え

食べすぎや偏食、ストレス、食品添加物などが原因で、体内の血行が悪くなり体温が低下すると、内臓の機能や代謝機能が低下して、尿や便などの通常の排泄がうまく行えなくなります。

そうなると、体内の汚い物を排泄する場所を失った体は、皮膚から汚い物を排泄しようとしてアトピーになってしまします。

体に冷えがあるということは、血管が縮まっていて血液の流れが良くないということです。血液が回らないと、細胞に栄養も行きませんし、免疫も低下します。免疫力がないと、皮膚を回復する力もなく、アトピーが改善されていく事もありません。

甘いものや添加物の入ったインスタント食品を食べすぎたりするのは体を冷やします。食べた物を消化する為、無駄に消化エネルギーを使うので、末端まで血液が回らなくなります。

夜遅くに食べる事が多い人も良くありません。夜は内臓が眠る時間です。そんな時に物を食べたら胃腸が休まる暇がありませんし、当然体は冷えた状態になります。

ファスティングはアトピーが治る理にかなった方法

これらのアトピーになる原因を、一度に解決してくれるのがファスティングです。

アトピーを治す基本は、悪い物が体に入ってくる機会を出来るだけ少なくして、体に溜まった悪い物を洗い流して行くことが重要ですが、これは、ファスティグを行うことで得られる効果と一致します。

アトピーは皮膚の炎症なので、やけどをした時に近い症状になります。例えば野生の動物は、病気やけがをしたとき物を食べずに、ひたすらじっとして、自然に治るのを待ちます。

これは、物を食べると消化吸収するの為に胃腸に血液が必要になり、病気やけがのある部分に必要な血液が届きにくくなり治りが遅くなるからです。それを野生の動物は知っていて、自然の摂理として行っているのです。

これは人間も同じです。体は怪我をしているのに、何も考えずに体に悪い成分が入った食べものをたくさん食べていては、消化にばかりエネルギーをつかってしまい、代謝が上がってきません。

ファスティングで体内に食べものを入れないことによって、普段は消化に回っていたエネルギーが代謝に回り、血液の循環もよくなり傷も治っていきます。

また、ファスティングによって、腸を休ませることもその効果の一つです。

食べない事で腸が休まり、腸がもつ本来の働きをしてくれるようになります。それにより溜まっていた便が快調に排泄され、腸内環境が良くなっていきます。

体内の毒素の75%を排出してくれる便がちゃんと機能する様になれば、毒素が皮膚から排泄されることはなくなり、アトピーも治ってくるのです。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ