ファスティングで挫折しないようにする為に行う5つのこと

ファスティングに挑戦した人の多くは、途中で挫折してしまうというのが現状です。なぜ途中で挫折してしまうのか、その原因とその解決策をご紹介します。

ファスティングで挫折しないようにする為に行う 5つの方法

ファスティングは修行ではない

多くの人が、ファスティング(断食)という言葉から連想することは、お釈迦様やキリストなどが、悟りを開くために行った修行のようなもの、ということではないでしょうか。ようするに、とても辛いものだと思われているのが一般的です。

もし、あなたがそのように思っていてファスティングに挑戦しようとしているのなら、十中八九挫折してしまうでしょう。

なぜなら、ファスティングはちゃんとしたやり方を行えば、割と簡単に乗り切れてしまい、なおかつしっかりと効果を得ることができるからです。

ファスティングはみんなやっことがある

実は、ほとんどの人が 知らず知らずの内にファスティングをやった経験があります。

朝寝坊して朝食を抜いたり、仕事が忙しすぎて、昼食が食べれなかったり、食事を1度ぐらい抜いた経験は誰にでもありますよね。これは、プチ断食はしたことと同じです。

だけど、いざ健康やダイエット目的でファスティングをしようとすると心構えしてしまうものです。「痩せる為に頑張らなきゃ」とか「空腹感に打ち勝つぞ」みたいな感じで、りきんでしまいます。

そのりきみが原因で、ちょっと想像していなかったことが起こると、動揺して不安になってしまい、途中で辞めてしまうのです。

そうならない為にも、ファスティングで挫折してしまう主な原因を知り、その原因をどのように解決していかないといけないのかを知る必要があります。

ファスティングで挫折する主な原因

まずは、ファスティングで挫折してしまう、主な原因を箇条書きしていきます。

  • 始める前から、ファスティングはつらい物だとおもってしまっている
  • ファスティング経験がないのに、ハードはファスティングを行おうとしている
  • 準備をせず、ファスティングをおこなってしまう
  • ちょっと体に異変があったからといって怖くなって辞める
  • ちょっとつらくなっただけで「なんでわざわざはこんなことやらないといけないの」と開き直ってしまう

このようなことが、挫折の代表的な原因になってきます。

次にそれぞれの挫折原因をどよにうに解決していくべきなのか、詳しく書いていきます。

解決策をあらかじめ知る事ができれば、ファスティング日までにしっかり準備することができ、ファスティング中も余裕をもって過ごすことができるので、挫折することはないでしょう。

ファスティングの本質を理解し、楽しみながらやる

まずは前もって、ファスティングの正しいやり方や、効果などを理解し、やる意義があるのだと、自分の中にしっかり落としこんでからやることが大事です。

浅いファスティング知識でやってしまうと、「食べれない」ということが、とても憂鬱に感じてしまいます。憂鬱な状態のままファスティングを行い、空腹感が襲ってくると、とてつもなく苦行のように感じてしまうものです。

ファスティングは、食べないことによって素晴らし効果を得ることが目的です。ということは、食べないという事を楽しんだ方がいいのです。

その瞬間を無理して乗り越えようとするのではなくて、この先には良い事しか待っていないという意識になり、楽しんで過ごしていこうとすることが大事です。

今の自分に合ったファスティング方法で行う

初めてファスティングをやるのか、過去にファスティング経験があるのか、または、ダイエット目的でやるのか、健康目的でやるのかによって、ファスティング方法は異なります。

自分が今どういう状況なのかを把握したうえで、何日間ファスティングしたほうがいいのかを判断して行うようにしてください。

くれぐれも初めての人が、数日のファスティングを行うことはしないでください。やる前から挫折することは明らかです。まずは1食だけ抜くプチ断食から挑戦し、慣れてきたら少しずつレベルを上げていくようにしてください。

ファスティング準備期の重要性を知る

ファスティング日を迎えるウォーミングアップとして、食事の量や質を調整する期間を設けることが重要です。その期間を準備期といいます。

これは、ファスティング日の急激な食事量の減少にそなえる為と、食べない事への精神的ストレスを感じないように、心の準備をするために行います。

3日間ファスティングを行うのであれば、それと同じ日数だけ準備期間をとりましょう。

食事内容は、肉や脂質、お菓子、お酒など、体によくないとされる食べものは控えるようにして、野菜、魚、豆類を意識的にとり、ファスティグ前日は、お粥や野菜、フルーツのみを摂るという食事内容にしていくことが理想です。

準備期をしっかりとり、体がファスティングに適した状態になれば、激しい空腹や急な体調不良に悩まされるとはなく、挫折のリスクを抑える事ができます。

ある程度、体の不調は起こるものだと理解しておく

ファスティング中は、軽い頭痛、冷え、お腹が下るなどの症状が出る場合があります。これらの症状は好転反応とよばれていて、ファスティングの効果が順調に表れているという証拠です。

症状が起こっても、ファスティングのせいで体がおかしくなっているわけではないので安心してください。

好転反応が起こることが、いいことだと知らずにやっていると、体にちょっと異変があっただけで、怖くなって辞めてしまいます。

上記のような症状が起こったら、毒素が排出されているのだから順調に効果が表れている証拠だと思い、ファスティングを続けてください。

ただ、完全にこれはおかしい・・と思うほどの体の不調を感じたら、ファスティングを中断し安静にするようにしてください。

ストレスなく乗り切れるファスティング内容で行う

ファスティングのやり方はいろいろありますが、一番オーソドックスな形は、水だけを摂り乗り切っていく方法ではないでしょうか。

ただ水だけで乗り切るファスティングは、実際にやってみるとなかなか手ごわいです。

水だけしか摂取しないと、幾度も空腹感に襲われますし、水しか飲んでいないという事実が、ストレスを感じてしまい挫折につながります。

このようなことを解決する為に、スムージーを定期的に摂り入れることをおすすめします。

水以外のものを摂り入れると、ファスティングへの効果が薄れてしまうのではと心配になるかもしれませんが、スムージーはヘルシーな物しか含まれておらず、低カロリーなのでまったく効果に影響しません。

むしろ、飲む事でファスティング効果を高める事ができ、空腹感を紛らわせることができるので、ストレスを感じずに乗り越えることができます。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ