朝一で飲むスムージーにダイエット効果あり!

朝食の変わりにスムージーの飲むことは、ダイエットにとても効果的です。その理由は、朝にスムージーを飲むことで代謝が活発になるからです。代謝が上がれば、老廃物の排出がスムーズになり、脂肪も燃焼されやすく、痩せ体質になることができます。

では、なぜ朝にスムージーを飲むと代謝が上がりダイエット効果も上がるのでしょうか。その事について詳しく説明していきたいと思います。

朝一で飲むスムージーにダイエット効果あり!

スムージーにはたくさんの酵素が含まれているから代謝が上がる

まず、代謝には酵素という栄養素が大きく関係していることから知る必要があります。酵素は、体内で生産される「潜在酵素」と、食事によって取り込まれる「食物酵素」の2つに分けられます。

そのうちの1つである「潜在酵素」は、体内に含まれた物を分解して体に吸収しやすくしてくれる(消化酵素)というものと、栄養をエネルギーに変えたり、老廃物を排出してくれたりする(代謝酵素)という2つの酵素に分けられ、どちらも代謝には欠かせない働きをしてくれます。

ただ、「潜在酵素」は年齢とともに減少するうえに、1日に体内で生産できる量に限りがあるので、食物から「食物酵素」を補う事で、体内にある酵素を安定させ、代謝を上げていかなければいけません。

酵素は、野菜、フルーツ、野草、海藻の中に多く含まれていているのですが、どのスムージーにもその原料は使われています。スムージーを飲み、体内にたくさんの酵素を取り入れることによって、代謝が上がり痩せやすい体になっていくのです。

酵素は時間帯によって働きかたを変える

では、なぜ朝に飲むことで、さらにダイエット効果をひきだしてくれるのでしょうか。

それは体内で酵素が働く時間が関係しています。体内で生産される「潜在酵素」の中の(消化酵素)と(代謝酵素)は、1日の内で活発に働く時間が違います。

それぞれ、動きが活発にならない時間帯があり、例えば(消化酵素)が働かない時間帯に食事をすると、食べた物がスムーズに消化されずダイエットによくなかったりします。

(消化酵素)と(代謝酵素)が、いつの時間に、どのような働きを行うのかというと、午前4時から正午までは(代謝酵素)メインで働き、体にとって不要な老廃物を体の外に出す「排泄」。

正午から午後8時までは、(消化酵素)が活発に働き、食べものから栄養素を取り込む「栄養補給と消化」。

午後8時から午前4時までは、細胞の修復など新陳代謝を行う、「吸収と代謝」の働きをいます。

「排泄」の時間である朝に、消化に負担のかかる肉や魚、ご飯などを食べると、当然排泄が滞ります。そうすると体内に毒素が溜まり、美しく痩せるどころか、便秘や肌荒れ、体調不良を引き起こす原因にもなります。

ということは、(代謝酵素)がメインで働く朝は、栄養を補うより、排泄を助けるものを摂る事が大切になります。

スムージーなら酵素をたっぷり含んでおり、余計な物が入っていない為、体に負担がかからず(消化酵素)を浪費することがありません。その分(代謝酵素)がしっかり活動できるので、代謝が上がって排泄がスムーズになり、ダイエット効果をさらに高めてくれるのです。

朝スムージーの飲み方のアドバイス

ここでは朝スムージーを、より効果的に飲む方法をご紹介します。この方法で継続してスムージを飲み続ければ、健康的に早く痩せ体質を手に入れる事ができますよ♪

朝起きて、胃がからっぽの時に飲む

スムージーは体内に入ると、ほとんど胃にとどまらず、通り過ぎていきます。でもスムージを飲む前に、食べものが胃の中あると、その上にスムージーがとどまるため、含まれている糖が発酵し消化を妨げる可能性があります。朝目が覚めたら、他の物は何も口にせず、一番でスムージーを飲むようにしましょう。

作ったスムージーはすぐに飲む

スムージーは、時間がたてば酸化がすすみ、本来の力が弱まってしまいます。ビタミンなどの栄養素も失われやすく、分離したりするので作ったらすぐに飲む事を心がけましょう。

毎日飲む

短期間だけ、良い物を摂り入れたところで体は変化しません。継続して飲むことによって少しずつ体に変化が現れます。あせらずにコツコツと飲み続けていきましょう。

常温でゆっくり飲む

冷たい飲み物は、胃腸に負担をかけます。特に夏場など氷を入れて飲んだりせずに、適温の水を入れて作り、ゆっくり味わって飲んでいきましょう。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ