ファスティングダイエットをすることで得られる3つの意外なメリット

ファスティングは、ダイエット目的で行う場合がほとんどで、健康的かつ効果的に痩せる方法として、たんくさんの方が実践しています。

ファスティングを行いダイエットに成功した人は、例外なく体重が減る事以外の効果を体験しています。その中でも、「こんな効果まであるの!?」と思うような意外なメリットをここではご紹介しようと思います。

ファスティングダイエットをすることで得られる4つの意外なメリット

ファスティングダイエットをして得られる代表的なメリット

まずは、ファスティングダイエットを行う事によって得られる、代表的なメリットを箇条書きにしていきたいと思います。体重が減るというメリットと並行して、たくさんのメリットを得られるということが分かります。

  • 毒素が排出される為、免疫力が上がり病気にかかりにくくなる
  • 痩せて体が軽くなったことによって疲れにくくなる
  • 体の中にある毒素がデトックスされる為、持病が改善される
  • 腸内環境が良くなることによって便秘が改善され、肌の調子がよくなる
  • 食事の回数が減るため、食費が軽減される
  • 買い物や料理、後かたずけをする手間が省けるので時間を有効活用できる
  • 深夜に食べたりする事がなくなる為、毎日快眠できる
  • 体調も良くお金にも時間にも余裕がうまれると、前向きな生き方ができる

このように挙げるときりがないぐらい、たくさんのメリットがあるのですが、これだけではなく、まさかと思うような意外なメリットもあるのです。

若くありたいという女性の願望を叶えてくれる

老化は誰もが避けられないことですが、女性にとっては嫌な悩みの一つです。ファスティングダイエットには、その老化を遅らせてくれる効果があります。

それは、体内にある長寿遺伝子というものが関わっているのですが、ファスティングダイエットをする過程で空腹感を感じると、長寿遺伝子のスイッチがオンになります。

スイッチがオンになると、長寿遺伝子は酵素を放出し始め、それを補助する物質と合体して、他の体細胞の遺伝子を守る層を作ります。

老化は、遺伝子に傷が出来ることによって進んでいきます。その傷を付けるのは紫外線や活性酸素などが原因なのですが、それらの刺激からさきほどの層が遺伝子をガードしてくれます。

それにより、遺伝子は傷つかずにすみ、若々しい体細胞のままでい続けることができるのです。

多くの女性が悩む不妊症に効果的

不規則な食生活をすると、血液中の赤血球がくっつき合ってしまい血液の流れが悪くなります。

ファスティングダイエットをすると、お互いにくっついていた赤血球が離れていき、血液の中をサラサラと流れてくれるようになるのですが、そのことが不妊症改善に大きな影響を与えてくれます。

それは、サラサラになった血液の流れにそって、卵巣まで酸素と養分が運ばれていき、健全な卵子がよみがえって生殖能力が上がる為、妊娠しやすい体になるからです。

また、ファスティングダイエットをすることによって、それまで入ってきていた栄養分が途絶えると、身体はそれを生命の危機的状態と勘違いします。それにより、子孫を残そうという本能が働き、生殖機能が上がるのです。

いつなるかわからない認知症を防ぐことができる

高齢化が進む中で、認知症患者が急増しています。今では高齢者の4人に1人が認知症の症状があると言われています。

認知症は「脳血管性認知症」と「アルツハイマー型認知症」が主な症状になります。この2つの認知症は、発症する原因がそれぞれ違うのですが、どちらもファスティングダイエットで改善できる可能性があります。

まず「脳血管性認知症」は血行障害が原因で起こります。ファスティングダイエットではこの血行障害を改善する効果があります。

それは、ファスティグをすることで血液がサラサラになるということと、血管内にあるカスがファスティングによって浄化され綺麗になるということがあげられます。

「アルツハイマー型認知症」は脳の異常な老化現象によって発症し、その原因は宿便が影響していると言われています。

宿便は、便秘の人に溜まっているもので、通常の便ではなかなか排出されない毒素になります。その毒素が脳細胞に沈着して、脳の老化を促進していると考えられています。

ファスティングダイエットで体内に食べ物を入れないことによって、体は体内に残っているものをすべて排出しようとします。

その時宿便も排出され、同時に脳神経細胞に沈着した毒素も拝毒されるので、アルツハイマー型認知症が改善される可能性があるのです。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ