生きた野菜ジュースがもたらしてくれる3つの主な効果

現代人の多くは食習慣が偏ってしまい、深刻な野菜不足に陥っています。食事は外食やコンビニのお弁当、ファストフードが中心で、1日まったく野菜を食べないという人もいるのではないでしょうか。

現代人の多くの方は食習慣が偏ってしまい、深刻な野菜不足に陥っています。食事は外食が中心で、コンビニのお弁当やファストフードで済ませ、朝は何も食べないという人も多いのではないでしょうか。

生の野菜ジュースで普段摂らない野菜を補給

野菜なしの食生活では、栄養バランスは乱れていきます。野菜に含まれる栄養素は、美容や健康に必要なものばかりなので、しっかり摂っていかないといけません。

そこで注目されているのが、生きた野菜をミキサーにかけてジュースにして飲む方法です。野菜をそのままミキサーにかけて飲むことにより、野菜本来の栄養をダイレクトに体内に摂り入れることができます。

生活のリズムを崩さず簡単に作れ、体にとって良い効果をすぐ実感できるという理由から、多くの人はその魅力にはまっています。

市販の野菜ジュースではだめなのか

同じ野菜ジュースなら、市販されている野菜ジュースでも、野菜不足は補えるのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は市販の野菜ジュースは、精製、殺菌処理などの加工プロセスで、生の野菜に含まれるような栄養素がほとんど失われてしまっています。

さらに、人工的な保存料や合成着色料などが加えられる場合が多く、健康的とは言えません。

このような背景もあり、市販の野菜ジュースを飲んで野菜を補給した気にならず、生の野菜を体内に取り入れることが重要なのです。

生の野菜ジュースを飲むと得られる効果とは

さて、生の野菜ジュースが体に良いとはいえ、具体的にどのような効果があるのでしょうか。良い効果はたくさんあるのですが、その中でも代表的な3つの効果を、ここではご紹介したいと思います。

体の錆びつきを防いでくれる

野菜には鮮やかな色や香り、渋みの元となるファイトケミカルという成分が含まれています。

ファイトケミカルは、外的から身を守るために野菜自体が作り出した成分なのですが、人間の健康にも効果があることがわかり最近注目されています。

野菜以外にも、果物やきのこ、豆類にも含まれていて、特に皮の部分に多く含まれています。

ファイトケミカルの種類は1万を超えると言われていますが、どの種類にも共通して言えるのが、強力な抗酸化作用があるということです。

不規則な生活や偏った食事で大量の活性酸素が発生すると、細胞が酸化し老化現象が起こります。

野菜をたっぷり摂れば、ファイトケミカルの抗酸化作用で細胞の酸化を防ぐことができ、ずっと若々しくいられます。

腸を綺麗にしてくれる効果がある

腸の状態は食事によって大きく変わります。消化吸収されにくい、肉類や動物性の食品、パンやお菓子ばかり食べていると、消化されず腸に溜まってしまい便秘になってしまいます。

生の野菜にたくさん含まれる食物繊維は、腸の働きを活性化してスムーズに便を出してくれる効果があります。便が快調に出れば腸内環境が良くなり、様々な健康効果をもたらしてくれます。

具体的には、善玉菌が活性化することにより体内の免疫力がアップしたり、老廃物や毒素を便から排出することにより、腸内環境が改善され生活習慣病が予防できたりします。

ダイエット効果がある

野菜には5大栄養素としてもおなじみの、ビタミンが豊富に含まれています。ビタミンは、シミ、そばかすの予防などの美容効果がある事はよく知られていますが、それだけでなくダイエット効果もあります。

ビタミンは、体内で他の栄養素の働きをスムーズに調整してくれ、炭水化物やタンパク質、脂質を効率よく利用できるようにサポートしてくれます。

その中でも、ビタミンB群は、炭水化物、たんぱく質、脂質の代謝を促進し、エネルギーに変換するのに欠かせない働きをしてくれます。

炭水化物や脂質のエネルギー転換をスムーズにするため、身体に余分な脂肪がたまるのを防いでくれるので、野菜に多く含まれるビタミンを摂ることは、ダイエットにも効果的なのです。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ