ダイエットや健康に効果的な3つの果物を厳選してみた

果物が体に良いのは誰もが知ってることですが、その中でも特にダイエットと健康に効果的な果物を3つ厳選してみました。

ダイエットに挑戦する時や、身体の調子を整えたい時などは参考にして摂り入れてみてください。

ダイエットや健康に効果的な3つの果物を厳選してみた

パイナップル

熱帯アメリカが原産で、乾燥した環境で良く育ちます。果汁を多く含み、さわやかな酸味と強い甘みがあり子供たちにも人気です。

カルシウムやカリウム、クエン酸のほかに、ビタミンCやカロテンも多く含んでいます。果汁の中には、たんぱく質を分解する酵素ブロメラインという成分が含まれているため、酢豚などの肉料理に添えられることが多い果物です。

熟していないパイナップルには、口の中がひりひりする成分が含まれているので、スムージーで使う場合は完熟したものを使い、入れ過ぎに注意が必要です。

パイナップルのダイエット効果

パイナップルには、糖質や脂質からエネルギーを効率よく生み出してくれる、ビタミンB群がバランスよく含まれています。太る原因となる、糖質や脂質が素早くエネルギーに変われば、脂肪として蓄積されずにすみます。

また、たんぱく質を分解するブロメラインという成分が豊富に含まれていて消化吸収を助けてくれます。

たんぱく質は太らない栄養素と言われていますが、摂りすぎると代謝機能が低下してしまうので、効率よく分解して代謝を上げることが大切です。

パイナップルの健康効果

パイナップルには、新陳代謝を高めるビタミンB1やカリウムが多く含まれていて、疲労回復効果があります。

その他にも、パントテン酸や葉酸などは、免疫機能を強化する働きがあります。ビタミンCにも、白血球の酸化を防ぐことで免疫力を高める作用があります。

グレープフルーツ

原産地は西インド諸島で、主にアメリカから輸入されています。甘味や酸味のほかに、独特の苦みがあります。ビタミンCやB1、カルシウム、クエン酸などが多く含まれています。

果肉がピンクのルビー種のグレープフルーツには、強い抗酸化作用があるリコピンやカロテンも含まれています。栄養的にはホワイト種より優れています。

グレープフルーツのダイエット効果

果肉を包む袋の部分に多く含まれる食物繊維はペクチンで、血中のコレステロールを減らし腸の働きを整えてくれます。血液がサラサラになり腸内の環境がよくなれば、代謝機能が向上されるので痩せ体質になる事ができます。

また、独特の苦味成分はフラボノイド系のナリンギンといわれる成分で、血中の中性脂肪を分解する働きがあり、肥満を防ぐ効果があります。

グレープフルーツの健康効果

ほかの柑橘類と同様に、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは高い抗酸化作用があるだけでなく、免疫力を高め、発がん物質の生成を抑える働きも備えています。

グレープフルーツの苦味成分であるリモノイドは、血栓防止にも効果があるとされています。抗ウイルス、抗菌効果も高いのも特徴です。

キウイ

中国が原産ですが、ニュージーランドで改良が進んだことで世界中に広まりました。その中でも、甘味が強く果肉が黄色い、ゴールデンキウイが特に人気があります。

ビタミンCや、胃腸を整える食物繊維のペクチンを豊富に含んでいます。また、たんぱく質の分解酵素であるアクチニジンも含まれています。

キウイのダイエット効果

便秘になり、腸の流れが滞ってしまうと本当なら排出されるべき脂肪や水分が必要以上に吸収されてしまい、肥満を招いてしまいます。

キウイに含まれる食物繊維のペクチンは腸の環境を整えてくれ、便秘の解消、予防効果が期待できます。

キウイの健康効果

キウイは果物の中でもビタミンCが多く含まれており、1個食べるだけで1日に必要なビタミンCの量を摂取することができると言われています。

ビタミンCは体の抵抗力を高める働きがあるので、ストレスを軽減してくれたり、かぜ予防の効果もあります。

また、ビタミンEも豊富でビタミンCとの相乗効果で、抗酸化作用をより高めてくれる効果があります。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ