スムージーダイエットを絶対成功させるために外せない6つの注意点

ここではスムージーダイエットをして理想の体重に近づいてもらえるよう、スムージーダイエットで外せない6つの注意点をお伝えしていこうと思います。

スムージーダイエットを絶対成功させるために外せない6つの注意点

スムージーダイエットはやる事をしっかりやれば成功する

スムージーダイエットとは、食事をスムージーに置き換えてカロリー制限するダイエット方法です。

やり方だけに注目したら簡単なダイエット方法に感じますが、1食スムージーに置き換えるだけでは、思うように体重が減ってくれないのが現実です。

ではどのようにスムージーダイエットを行っていけば成功するのでしょうか。絶対成功するために行う6つの注意点を解説していきます。

置き換え以外の食事は、今まで食べていた量の約半分にする

スムージダイエットは、朝昼晩のどれか一食をスムージに置き換えて、他の食事は今まで通り食べるというやり方が一般的です。

実際にそのやり方をやってみると、大幅なカロリーカットは期待できず体重は想像してたより減ってくれません。

順調に体重が減ってくれないと、効果がないと感じてしまい途中で挫折してしまう恐れがあります。挫折してしまわない為にも、コンスタントに体重を減らしていくことが重要になります。

その方法として、置き換え以外の食事の量も減らしていくとがポイントになってきます。理想的な食事量は、今までの約半分の量です。

例えば、朝食にいつも食パン2枚食べていたのであれば1枚にする、昼食にお茶碗1杯お米を食べてたんだったらお茶碗半分にするというような感じで、臨機応変に調節してみてください。

外食した時に出された食事や、自分が作って残った食事などな「もったいないから残さず食べなきゃ」と思うかもしれませんが、そこはグッとこらえて残してください。本気で痩せる為には避けては通れない道です。

食事量を半分にするというと、食べる種類も減らさないといけないのかと思われがちですが、種類は減らさず様々な食材を摂るようにしてください。

食事量が減りカロリーが減ってくる分、栄養素はバランス良く摂っていき、健康的に痩せる体にしていくことが大事です。

食事は、あごがだるくなるほど良く噛んで食べる

スムージー以外の食事は、よく噛んで食べるようにしましょう。一度にたくさんの食べ物を口に運んで、よく噛まずに食事をたいらげてしまうタイプの方は、太る兆候があります。

なぜよく噛んで食べないと太るのかというと、食べ物を噛んだ刺激が脳にある満腹中枢を刺激するのに、大体10分くらいかかるという体のメカニズムが関係しています。

満腹中枢を刺激するまでの間に良く噛まず早食いをしてしまうと、その食事量では物足りないと感じでしまい、満腹感を感じるまで食べようとする意識が働きます。

10分以上かけ良く噛んで食事をすることにより、少しの量でも満腹感を感じることができ、食事量を減らす事に繋がります。

実際に噛む事を意識して食事してみると、今までどれだけ噛んで食べていなかったかが良く分かると思います。ものの5分ぐらいで、あごがだるくなってくるはずです。

水を1.5リットル以上飲む

痩せる為には、たくさんの水を飲む事が重要になります。毎日1.5リットルを基準に飲む事が理想です。

水を飲まないといけない理由は2つあります。1つ目は、食事制限することによって減ってしまう食べ物の中に含まれる水分を補う為です。

通常身体に必要な水分は、ドリンクから水分を補給する以外に、食べ物の中に含まれる水分からも補給しています。

スムージーダイエットをすることにより普段より食事量が減る為、その分水分量も減る事になります。減った分の水分を体は必要としている為、意識的に水を摂り入れることが必要となります。

もう一つは、たくさんの水を補給することで、体内浄化作用を促して腸を活発にする狙いがあります。

水をたくさん補給して腸が活発になると、体に不要な老廃物を便として排出する事ができます。腸内環境が良くなることは、カロリー制限では得られないダイエット効果が期待できます。

まずは、朝起きたときに500ml飲んで、昼食前までに500ml飲む、さらに夕食前までに500ml飲んで、合わせて1日に1.5リットル飲むという事を癖づけてみてください。

今までは「のどが渇いたな」と思ったら、水分を補給していたと思いますが、そう感じる状態はすでに水不足の状態なので、のどが渇いたと思う前に意識的に水を飲むようにしてみてください。

間食は3時頃に小量食べる

スムージーダイエット中は、絶対お菓子を食べたらダメというわけではありません。食べる時間と食べる物さえ間違えなければ、毎日お菓子を食べても大丈夫です。

逆にずっとお菓子を我慢して、ある日「我慢してきた御褒美に、今日はこれぐらいなら」と食べた瞬間に歯止めがきかなくなり、ダイエットを諦める原因になってしまう恐れがあります。

そういった背景からも、ダイエット中は我慢するということを排除したほうが良いのです。

食べる時間は、午後3時前後に食べるようにしてください。午後2時~4時は、糖を脂肪に変えるホルモンが出にくい時間帯なので、午後3時前後に食べることはダイエット的に意味があります。

食べるお菓子を選ぶときは、カロリー表示と糖質、脂質をチェックして極力数字の低い美味しいお菓子を選ぶようにしましょう。

1日にお菓子で摂取するカロリーは、100キロカロリー以内が理想です。ただ、あくまでダイエット中なので、お菓子を食べなくても平気だという人は食べないに越したことはありません。

補足ですが、テーブルの上など目につく場所にお菓子が置いてあったり、棚の中には常にお菓子が常備されているという方は要注意です。お菓子が日常的にある状態だと、ついつい摘み食いをしてしまうものです。

メリハリのない摘み食いが、積もり積もって脂肪にかわっていくので、家の中にはお菓子がない状態を作るようにしましょう。

毎日30分前後運動をする

カロリー制限だけで体重を減らそうとすると、どうしても筋肉が減っていってしまいます。消費エネルギーの半分以上を占める基礎代謝量は、筋肉の量によって決まります。

筋肉が減ると消費エネルギーも減ってしまうので、せっかくカロリー制限をして食事を減らしても意味が無くなってしまいます。

筋肉が減ることを抑える為には、やはり毎日の運度が必要です。運動をして筋肉を増やす事ができれば消費エネルギーが増し、効率的に脂肪を燃焼させることができます。

運動で脂肪を減らして筋肉が増えると、体も引き締まって疲れにくくなり、活動的な生活になってくることも期待できます。

まずは、近所ウォーキングするなど体や生活に負担のかからない運度からはじめ、筋肉量をおとさないようにしていきましょう。

1日7時間は睡眠をとる

眠ることがダイエットと関係が深いことは、意外と知られていません。眠ることにより分泌される成長ホルモンは、痩せやすい身体にしてくれる効果があります。

夜遅くに食事をしたものが胃の中で消化されていないまま眠ると、睡眠の質が悪くなり成長ホルモンが分泌されにくくなります。

成長ホルモンが分泌されないと、空腹感を強く感じるようになってしまったり、食欲抑制がきかなくなったりするなど、ダイエットの障害になってしまいます。

睡眠不足はダイエットだけでなく、アンチエイジングの敵でもあります。寝ている間に活性酵素で傷つけられた細胞が修復されるので、睡眠不足が続くと肌荒れや老化の原因にもなります。

そのようなことからも、綺麗に痩せていく為には1日7時間はしっかり眠ることが大事です。

まとめ

スムージーダイエットは、スムージーで食事を置き換える事ばかりに目を向けられがちですが、それ以外のことをどのように変えるかということも、効率的に痩せる為のキーポイントになってきます。

それぞれの注意点を参考にしていただき、スムージーダイエットの効果を最大限に活かして、美しく痩せていってください。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ