酵素ドリンクよりグリーンスムージーがおすすめできる6つの違い

スムージーと同じように、置き換えダイエットをする時に多くの方に飲まれている酵素ドリンクですが、スムージーのほうがおすすめできる点が幾つかあります。

なぜ酵素ドリンクよりスムージーの方がおすすめできるのか、その理由を6つに分けて説明していきたいと思います。

酵素ドリンクよりグリーンスムージーがおすすめできる6つの違い

酵素ドリンクとは違うスムージーの良さ

もし今から置き換えダイエットに挑戦しようと考えている人がいるとしたら、どちらを飲んだ方がいいのか悩んでしまうと思います。

実際に両方を購入してみて飲み比べてみると、置き換えダイエットとして使用していくなら、スムージーの方がおすすめ出来ることがわかります。

どのあたりが酵素ドリンクよりスムージーのほうがおすすめなのか、6つに分けて解説していきます。

保存場所に困らない

スムージーの粉末は袋に入って販売されているのですが、酵素ドリンクの原液はすべて瓶で販売されています。

ワインなどのお酒を飲まれる方は瓶慣れしているかもしれませんが、普段飲み物を買う時、瓶に入った物を買うことは少ないと思うので管理するのに不便に感じる人もいると思います。

酵素ドリンクは開栓すると冷蔵保存しないといけないものがほとんどです。いざ冷蔵庫に入れようと思ったら、ドリンクを置く場所が牛乳やペットボトルなどで埋まっていて、置くスペースがないことがあります。

ドリンクを置く場所がいっぱいなので、他の場所に寝かせて入れようとすると液が垂れてきそうなので、ちょっと嫌な感じです。

その点、スムージーは一度空けてもジッパーをしめておけば衛生的にも問題ありませんし、常温保存しておいても大丈夫なものです。

袋自体も大きくないので、棚の中に入れておいても台所の机の上に置いておいても邪魔になりません。

また、飲みきった時スムージーは袋をそのままゴミ箱に捨てれば良いだけですが、瓶は月に数回しかない収集日に出さないといけない地域があったりすると思うので、捨てるのに手間がかかることも難点です。

フルーティーな香りがするので飲みたくなる衝動にかられる

酵素ドリンクは野菜や果物、海藻、野草などを熟成発酵して作られた発酵食品なので、蓋を開けると発酵食品独特の鼻を突く匂いがします。

気にならない人はいいのですが、酢のにおいを嗅いだ時のような酸っぱいにおいが苦手な人は、かなり抵抗があると思います。

スムージーは袋を開けた時の匂いにこだわっている商品が多く、柑橘系などのフルーティーな匂いがするので、作る前から飲みたくなる衝動にかられ楽しい気持ちになります。

美味しいので毎日飲むのが楽しみ

酵素ドリンクは、甘味料で味を調整し美味しくなっている物もあるのですが、完全無添加で作られた酵素ドリンクも多く、黒糖味のものや、シロップのような甘い味をしたものなど、癖のある味がするものが多くあります。

スムージーは、マンゴー味やベリー味など誰が飲んでも美味しいと感じる味になっています。

また味のレパートリーが豊富な事も魅力です。酵素ドリンクは1種類の味しかない物がほとんどですが、スムージーは2種類以上の味を販売しているメーカーがほとんどなので、味に飽きてきたら違う味に変更する事も可能です。

また、万が一味が合わない場合でも無理して飲み続ける必要がなく、自分が一番好きな味の物探して飲んでいくことができます。

1杯あたりのコストが安いので続けられる

1日1食を置き換えるとして、含まれる量と1回に飲む推奨量を加味したうえで、酵素ドリンクとスムージーの主要10メーカーの1杯あたりのコストの平均を計算してみました。

結果は、酵素ドリンクが1杯あたり約300円でスムージーが1杯あたり約150円となりました。物によりばらつきはありますが、平均をみると約倍の開きがあります。

1杯300円と考えると、少し高いと感じお財布と相談してしまいがちですが、1杯150円であればペットボトルのジュースを1本買うぐらいの値段なので、そこまで抵抗はないのではないでしょうか。

毎日飲み続けることで効果が表れてくるものなので、コスパは飲み続けていく為の重要な要素です。

外出先など場所を選ばず気軽に飲める

酵素ドリンクは瓶に入っているので、基本的には持ち運べません。原液をペットボトルなどに入れて持ち運べなくはないですが、不衛生な感じがしますし、鞄の中でこぼれたりした日には1日ブルーになります。

スムージーの場合、粉末なので気軽に持ち運ぶことができます。袋にはジッパーが付いているので、袋ごと持ち運ぶ事も可能ですし、あらかじめシェイカーの中に粉末を入れた状態で持ち運び、コンビニなどで水や豆乳を購入して作る事もできます。

どちらのドリンクも共通して言えることは、毎日飲み続けることで最大限の効果を発揮するということなので、時間や場所を気にする事なく何時でも飲めるスムージーは、かなりポイントが高いといえます。

1杯で満腹感を得られるのでダイエットに成功できる

酵素ドリンクにしてもスムージーにしても、飲む目的は食事に置き換えて痩せるということです。食事に置き換える事が機能しなければ飲む意味がありません。

酵素ドリンクは、液体の中にたくさんの栄養素が含まれているから空腹感を感じにくいということを売りにしていますが、実際に飲むとサラッとしているのでジュースを飲んでいるのとほとんど変わりません。

炭酸水や豆乳などと割ることもおすすめされてますが、あくまでドリンクはドリンクなので、どうしてもすぐにお腹がすいてしまいます。

その点、スムージーにはお腹が膨れる成分である、サイリウムやグルコマンナンなどの食物繊維が含まれているので、飲むとその成分が胃の中で膨らんでいき、1杯飲むだけで満腹感を得る事ができます。

また、豆乳や牛乳で割りシェイクした後少し時間を置くと、液体がドロっとしてきて、口に入れると飲んでいるというよりは食べているという食感に変わり、意識的にも満腹感を得る事ができます。

このことからも、スムージーは食事の置き換えとしても十分機能し、空腹感を感じずにストレスなくダイエットに取り組む事が出来るので、置き換えダイエットにおすすめ出来るドリンクだということが言えます。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ