スムージーを飲むと美肌効果が得られる2つの理由

スムージーの魅力は、ダイエット効果だけではなくニキビなどの肌荒れを改善し、赤ちゃんのようなプリプリな美肌に再生してくれるということがあります。

生まれつきニキビ肌だからとか、肌荒れは一生治らないと思われている方は、ぜひスムージーを飲んでその効果を実感してみてください。

スムージーを飲むと美肌効果が得られる2つの理由

なぜ肌トラブルは改善しないのか

女性にとって、ニキビ肌やオイリー肌、乾燥肌など肌に関する悩みはつきものです。どんなに良いと噂の化粧品や洗顔を使っても結局は気休めにすぎず、根本的に改善されない事がほとんどです。

肌の悩みは、一生抱えながら生きていかないといけないものだと諦めている方も多いのではないでしょうか。

肌トラブルは内部から改善していかないと治らない

肌のトラブルを改善しようとする時、多くの方は基礎化粧品や洗顔方法など、外部のケアを行っていく場合がほとんどだと思います。

ただ、外部のケアを行うだけではニキビなどの肌荒れは改善されず、外部のケアと合わせて内部のケアも行っていくことではじめて肌荒れは改善されていきます。

なぜなら肌の調子は体内の状態と密接に関係しており、肌トラブルを抱えている多くの方は、体内の環境が悪いという場合がほとんどなのです。

スムージーがお肌の悩みを解決してくれる

肌荒れを改善する為には、体内環境を改善していかないといけないのですが、スムージーは体内環境を整える事に大きな役割をはたしてくれます。

スムージーを飲んでいる方の多くは、ニキビやニキビ跡も薄くなり、カサカサオイリー肌に透明感が出てくると感じています。

また、潤った滑らかな美しい肌に再生されたことにより、すっぴんにも自信を取り戻す事ができたという方もいらっしゃいます。

ではスムージーを飲むと、どのように体内環境が改善され、肌荒れを防いでいってくれるのでしょうか。そのあたりを具体的に説明していきます。

腸内環境を整え肌トラブルを止めてくれる

体内の中でも腸内の環境はお肌の調子と密接な関係にあり、便秘の人は何らかの肌トラブルを抱えています。

便秘になり、老廃物や毒素が腸にこびり付いて溜まってしまうと、腸内に悪玉菌が増殖し生ごみ置き場のような状態になります。

生ゴミ置き場のようになった腸は、みるみる内に荒れていきます。腸内が荒れてくると肌にニキビができたり、赤く荒れたり、かゆくなったりと、様々な肌トラブルを引き起こします。

腸内環境を整えるには、まず便を出していかないといけないですが、体内に食物繊維を摂り入れることができれば、便が排出されやすくなります。

スムージーには豊富な食物繊維が含まれており、飲むと効率よく食物繊維が体内に吸収されていきます。それにより腸にこびりついた食べ物のカスや老廃物が排出され、腸内環境が一気に改善されます。

また、腸は体内の血液がたくさん集まるところでもあります。そのことから、腸内環境が良くなると血液の循環がよくなるので、代謝も上がり体内に溜まった老廃物や毒素をしっかりデトックスできる体になり、肌の調子は更に上向いていきます。

スムージーが肌細胞を再生させる

肌の細胞は、古い細胞から新しい細胞が産まれ変わるという繰り返しをして、美しい肌を保っています。これを「ターンオーバー」といいます。

肌のサイクルであるターンオーバーは、年齢や食生活によって乱れやすくなってきます。

10代の頃はターンオーバーが盛んに行われ、死んでいく細胞よりも新しく生まれる細胞のほうが多く、美しい肌を保っていくことができます。

20代になると死んでいく細胞と生まれる細胞の比率は同じぐらいになり、35歳をすぎると細胞が生まれるスピードが急激に落ちていき、肌の傷みは進んでいきます。

ターンオーバーのスピードを正常に戻して行かないと、肌は傷んでいくばかりなのですが、スムージーに含まれる酵素にはターンオーバーのサイクルを正常に保ってくれる効果があります。

スムージーを飲み、たくさんの酵素を体内に摂り入れる事により、消化に使われる酵素が節約できると、代謝に使われる酵素が活発に働けるようになり、正常なターンオーバーが行われるようになります。

ターンオーバーが正常になると、ニキビが改善されたり、ニキビによってできた肌のデコボコが薄くなったりするなど、若かりし頃の肌に再生されていきます。

また、嬉しい事にスムージーにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。肌トラブルが改善されたあとは、再生された肌を美しく保っておいてくれる効果も期待できるのです。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ