ファスティングを行えば体重だけでなく体脂肪を減らすこともできる

多くの方がファスティングは最強のダイエット方法であると提唱していますが、どのあたりが最強だと言われる由縁なのでしょうか。

それはファスティングが、体重だけでなく体脂肪を減らすことができるダイエット方法であるということがいえます。

ファスティングを行えば体重だけでなく体脂肪を減らすことができる

ダイエットの勘違い

世の中に広まっているダイエット方法の多くは、体重を減らすことに意識が向いたものばかりです。

現在ダイエットをされている方も、体重を減らすことこそがダイエットだと思われている方が多いのではないでしょうか。

ではなぜ、体重を減らす事だけをダイエットの目的にしていはいけないのでしょうか。

それは、体重のみを減らすダイエットだど、辞めた後リバウンドや体調不良を引き起こしてしまう恐れがあるからです。

少しの体重変動はダイエット効果ではない

体重は、水分や筋肉、脂肪、便などを合わせた物で構成されています。ということは、便を1キロ出せば1キロ減り、水を1リットル飲めば1キロ増えるということになります。

ダイエット中、体重計に乗り1キロ~2キロの体重の変動で一喜一憂されている方も多いかと思いますが、1日の食事で軽く1キロ以上の食事は摂っているので、体重の変動があるのは当たり前のことなのです。

このことからも、ダイエットで痩せるということの考え方を、体重を減らすということから体脂肪を減らすという事に変えていかないといけません。

ファスティングをすれば体脂肪は減らせる

少しの運動や食事制限では落とすことが難しい体脂肪ですが、ファスティングをすれば体脂肪を確実に燃焼させていくことが可能です。

それは、生命活動を維持する為に体内で作られるエネルギーが関係しています。

体内でエネルギーを作り出す方法は幾つかあるのですが、主に食べた物からエネルギーを作り出す方法と、体内に蓄積されている脂肪からエネルギーを作り出す方法があります。

このエネルギーを作り出す方法は優先順位が決まっていて、通常は食べた物からエネルギーを作り出していき、食べ物からエネルギーが作り出せなくなると、体内に蓄積された脂肪をエネルギーに変えていきます。

脂肪からエネルギーを作らないと蓄積されていく

現代人は1日に必要な量以上に食事をしている人が多く、食べた物をエネルギーに変えるだけで一日に必要なエネルギーは賄われてしまい、脂肪からエネルギーに変える必要がありません。

それによって、元々蓄えられている脂肪は体内にそのまま残り、エネルギーに変わらなかった食べ物が脂肪となって、更に蓄積されていってしまいます。

ファスティングで脂肪燃焼モードに切り替える

ファスティング中は、体内に食べ物が入ってこないことになります。体は体内にエネルギーに変える為の食べ物がない感じたら、エネルギー生産回路を切り替え脂肪からエネルギーを生産しようとします。

脂肪からエネルギーを生産する為に、体は脂肪を燃焼させていくので当然体脂肪は減っていきます。

ファスティング3日目ぐらいになると、体が軽くなり引き締まってくるのを実感するのはこの作用が働く為です。

ファスティングで痩せてもリバウンドしない

ファスティングをすることで、朝から晩まで脂肪燃焼のステップを踏み続ければ、体には脂肪を燃焼させる癖がつき、確立された脂肪燃焼回路はファスティング後もしっかり機能してくれるようになります。

正しいファスティングにより脂肪燃焼させる癖が付いた体は、ダイエット後も効率的に脂肪燃焼させてくれるので、リバウンドをすることはありません。それだけでなく、脂肪が燃えればデトックスも進むので健康的な体になることもできます。

スレンダーな体は筋肉量によって決まる

ダイエットをするなら、見た目も重視したいところです。体型は体の中にある体脂肪と筋肉によって決まります。

体格がまったく同じ2人がいたとしても、体脂肪の量と筋肉量の量によって見た目が全然違ってきます。

同じ重さの脂肪と筋肉を比較した場合、脂肪の方が圧倒的に体積が多いです。ということは、体重が減ったけど体脂肪は増えていたということになってしまうと、ダイエット的に全く意味がないということになります。

また、筋肉は脂肪を燃焼してれる働きがあるので、筋肉が少ないと燃焼が追いつかず脂肪が増えていってしまうことにも繋がります。

スレンダーな体になる為には、ファスティングで体脂肪を減らすと共に適度な筋トレやランニングで筋肉をつけていくことが大事です。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ