1ヶ月のファスティングに挑戦するならこの方法が一番!

ファスティングの知識がない状態で、長期的なファスティングをすることはとても危険です。ファスティングが修行のようになってしまい、身体を壊してしまう恐れさえあります。

長期的なファスティングに望むのであれば、長期的なファスティングに合ったやり方で行っていくことが重要です。

1か月間のファスティングに挑戦するならこの方法が一番!

どのような方法でファスティングを行っていくのか

短期的なファスティング方法が取り上げられることが多いですが、ファスティングはダイエット効果だけでなく、健康的な効果もたくさん得る事ができるので、長期的に取り組んだほうが実は体にとっていいんです。

ただ長期でファスティングをするといっても、続けれなければ意味がありません。なので、効果的かつ継続できるファスティングの方法であることが大前提となります。

それはどのような方法かというと、「1週間の内で連続しない2日間をファスティング日として設定し、ファスティング日は食事を500キロカロリーに抑える」というやり方を1ヶ月続ける方法です。

なぜ週2回連続しない日なのか

ファスティングの専門機関や専門医の指導なく、長期間毎日ファスティングを続けることはおすすめしません。食事量が減ることで、栄養バランスや筋肉の状態に問題が出てくると、体調を壊す危険性があります。

また、せっかく「1ヶ月継続する!」と意気込んでも、次の日もそのまた次の日も食べたいものが食べれないと思うと、憂鬱になってきて挫折してしまいます。

週2回のファスティングだけでは効果がないのではないかと思われがちですが、ファスティング専門機関の研究結果で、週2回のファスティングでも十分効果があるという報告があるので安心してください。

なぜファスティング日の食事は500キロカロリーで制限するのか

毎日の食事を1500キロカロリーまでに制限した人と、週5日は普通の食事をして、残りの2日は1日500キロカロリーにおさえた食事制限をした人で分かれて

100人の女性が3ヵ月続けてたところ、毎日のカロリー制限よりも、週2回だけ500キロカロリーに制限した人のほうが、平均で2倍痩せたという結果があります。

500キロカロリーという少ないカロリーであっても、考えて食べればちゃんとした食事がとれます。ファスティング日も、極度な空腹に悩まされることなく、効率的にファスティングの効果が得られるのが、500キロカロリーの食事なのです。

では、どの時間で食べるのが良いのかということなのですが、朝食と夕食の2回に分けて500キロカロリーの食事を摂る事がおすすめです。その理由は

  • 午前中は活発に動くことが多いので、朝食を食べておくと気持ちが楽になる
  • 夕食は、外食や家族との食事など、食事をする場合が多い
  • なにも食べない時間が長ければ長いほどファスティング効果があるので、昼食を抜くことによって食べていない時間を長くすることができる
  • 食べていない時間が長いと、体内が脂肪貯蔵モードから脂肪燃焼モードへ切りかわる

ということがあげられます。

週2回のファスティング日以外の食事はどうするのか

週2回のファスティング日以外は、なんでも好きな物を食べて大丈夫です。

週2日のファスティング日の食事を500キロカロリーにおさえさえすれば、ファスティングにまったく影響しません。

「じゃあ、お腹いっぱい食べよう」と思うかもしれませんが、ファスティング日に500キロカロリーに食事を制限している影響で、胃が小さくなり、満腹感を得やすくなるので、自然と食べる量が減っていきます。

まとめ

1ヶ月のファスティング方法で得られる効果をまとめておきます。

  • まったくストレスを感じずにファスティングを進めていくことができる
  • 無理なファスティングではないので筋肉を維持できる
  • 長期的にファスティング効果が得られるので、健康な体でいつづける事ができる
  • 体重が減ってきても、リバウンドせず痩せた体重を維持できる

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ