5キロは痩せる事が可能な1週間ファスティングのやり方

ファスティングは、ただ体重を落とすことだけが目的の辛いダイエット方法ではありません。

通常体が持っている代謝の力を最大限に引き出して、体内に溜まった老廃物をデトックスさせて、体を美しく健康にするためのダイエット法です。

そんなダイエット法であるファスティングですが、ここでは最も効果があると言われる、1週間をかけて行うファスティングのやり方について説明していきたいと思います。

5キロは痩せる事が可能な1週間ファスティングのやり方

1週間ファスティングの効果

ファスティングは体に溜まった老廃物をデトックスして、もともと人間が持っている健康で美しくなれる力を引き出す方法です。

従来のダイエット法のように表面だけが変わるダイエットとは違い、体の中から根本的に変えていける事がファスティングの魅力です。

ファスティングを1週間続けると、体は目に見えて変化してくるはずです。以前は痩せにくい体質だった体が痩せやすい体質へ変わり、メリハリがある体に変わっていきます。

また、痩せるだけではなく肌のトラブルが改善されたり、病気知らずの健康な体を手に入れることもできるのです。

1週間ファスティングの概要

これから説明するファスティングは、少しずつ食事を減らす「減食期2日間」と、水とスムージーで過ごす「絶食期3日間」、少しずつ食事を増やす「復食期2日間」の1週間セットのやり方になります。

突然絶食だけをすると、体が慣れていないのでイライラしてしまいます。腸内環境にも良くなく、便が出にくくなったり悪玉菌が増殖したりします。

減食期と復食期がなければファスティングとはいえません。減食期は絶食を行う前の準備体操で、復食期は整理体操のようなものです。必ず2日かけて絶食の準備とケアをするようにしましょう。

ファスティングをする時にスムージーを飲む理由

1週間のファスティング中には、必ずスムージーを補給していきます。その理由を3つに分けて説明していきます。

整腸作用がある

整腸の基本は、食物繊維をしっかり摂る事と食べすぎないことです。スムージーにはたくさんの食物繊維が含まれていて整腸に効果的です。

食物繊維は善玉菌の好物であり、ファスティング中に悪さをする悪玉菌をおとなしくさせてくれます。そのことからも、ファスティング前からスムージーを摂り入れることで、安全にファスティングすることができるのです。

ファスティング中の栄養補給

3日間の絶食期は特に栄養補給が必要な期間になります。絶食期は何も摂取しないのではなく、水分と栄養はしっかり摂っていきます。

スムージーからはビタミン、ミネラルと最小限の糖分など、体が必要とする栄養素がとれるので、栄養不足に陥る心配はありません。

復食期に最適な食べ物

復食期は、流動食で食物繊維を摂ることが最も安全です。最後の工程である復食期の時に、腸内で善玉菌を元気にしながら悪玉菌をおとなしくすることができて、初めてファスティングは成功ということになります。

ファスティング後は悪玉菌が暴れやすい状態になっているので、スムージーからしっかり食物繊維を摂ることが大事です。

1週間ファスティングの手順

1週間のファスティングをどのように進めていくのか、その手順を細かく説明していきます。

①減食期【2日間】

減食期は1日3食しっかり食べてください。食物繊維を意識して摂るようにし、野菜や果物、海藻、玄米などをバランスよく食べるようにしてください。化学調味量やお菓子などは避けてください。お酒やたばこも駄目です。

食事をするときは、1口100回噛むぐらいの気持ちでよく噛んで食べてください。食事の量は、減食期1日目を普段食べていた量の約半分にし、減食期2日目には普段の約2分目まで抑えるようにしてください。

そして、スムージーを食前に飲むようにしていきます。スムージーに含まれる、サイリウムとグルコマンナンが胃の中で膨張してくれる為、満腹感を感じやすく食事量を抑えることができます。

②絶食期【3日間】

絶食期においては、スムージーを食事のタイミングだけでなく、お腹がすくたびに飲むようにしてください。スムージーを飲むと空腹が治まります。

また意識的に水を2リットル以上、回数を分けて飲むようにしてください。1時間ごとぐらいに飲んでいけば、割と簡単に2リットル飲みきれると思います。

絶食期の3日間は、ゆっくりした生活で過ごしていく事をおすすめします。極力、テレビやネットの情報は遮断しましょう。激しい運動も禁物です。

絶食期の1日は、普段の1日より長く感じると思います。なぜなら食事に関する事にかけていた時間が自由になるからです。

食べている時間だけではなく、メニューは何にしようか考えたり、買い物や後かたずけまでトータルすると結構な時間を食事に費やしていた事がわかります。いつもより長い時間を有効活用し、リラックスして過ごしていってください。

普段は行かない近くの大きな公園に行ってみたり、図書館などで本を読んだりしても良いかもしれません。

絶食期に体が慣れてきたら、瞑想をしてみるのもおすすめです。改めて自分自身を振る変えることができ、体も心もリセットすることができます。

③復食期【2日間】

3日間の絶食期を終えると、空腹になれた脳は食事を摂りたいと思わなくなっています。ですから、復食期では少し無理をしてでも食べる事を体に慣らしていくことが必要です。

この期間も、減食期や絶食期と同じように、スムージーと水は飲むようにしてください。

ファスティングにおいてこの復食期間が最も肝心だと言われています。しっかり行っていかないと、今まで培ってきたファスティング効果が半減してしまいます。

復食期は、素材本来の味を楽しむ期間でもあります。初日の朝は、お味噌汁を1杯飲んでみましょう。今まで何気なく飲んでいた味噌汁が びっくりするぐらい美味しく感じると思います。

その後は、少しずつお粥で体を慣らしていきます。量は少なめにし、決してお腹いっぱい食べないようにしてください。また、塩や醤油などの調味料で一切味付けしないようにしましょう。

復食期1日目は流動的な食事にしていき、2日目から固形の食べ物を増やしていきます。野菜や芋、納豆など食物繊維が多く含まれている食べものを意識して摂るようにしてください。

ここでも調味料は一切使用せず、そのままの素材で食べるようにしてください。揚げ物や肉類は禁止です。

固形物の食事は胃が小さくなっていることもあり、なかなか食べられないと思います。無理してたくさん食べる必要はありませんが、普段の半分の食事量までは戻せるように、よく噛んで食事をしてみてください。

もちろん復食期もお酒やたばこは厳禁です。ファスティングが完全に終了するまで我慢するようにしてください。

まとめ

1週間のファスティングが終わったら、体も心も軽くなっていることでしょう。気付くと、以前より気持ちが前向きになり、自信すらも感じられるとおもいます。

ファスティングが良いと感じたら、やり方を知人に教えてあげて一緒に挑戦してみたらもっと楽しくなるかもしれません。

リセットされ、変化した体の状態を感じながら、日々の生活を有意義に過ごしていってください。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ