ファスティング前日に予備断食をすれば準備万端!

短距離走の前にウォーミングアップをするのと同じように、ファスティングをする前も、体を慣らすことが重要です。

ファスティングの準備として、予備断食という方法があります。この予備断食をしっかり行う事で、スムーズにファスティング日を迎える事ができ、ストレスなくファスティング期間を乗り切る事ができます。

ファスティング前日に予備断食をすれば準備万端!

予備断食の必要性

普通の食生活をしていて、そのままファスティングに入ると、食事量や塩分の減少が原因で、吐き気や頭痛を引き起こす恐れがあります。

それだけでなく、体がファスティングに対応できる状態になっていないと、ファスティング効果が表れにくくなる事もあります。予備断食をして体を慣らしておくと、早い段階で脂肪燃焼モードに入り、体重の変化がすぐにみられるようになります。

また、予備断食は心の準備の意味もあります。ファスティングができる精神状態にあらかじめなっておくことで、途中で辞めてしまったりする事を防ぐ事ができます。

ファスティングの効果を最大限に引き出し、安定してファスティングを乗り切っていくためには、前日の予備断食は必要不可欠なのです。

予備断食はどのような事をするのか

どのように予備断食を行っていくかというと、ファスティング前日に、食事内容や食事量を調整し、体に「明日からファスティングをしますよ」と知らせることをしていきます。

食事内容は、お粥や魚介類、野菜などを摂り、体内の環境を整える事が大事です。摂取する量は、いつも食べている量の半分ぐらいが理想です。腹5分目といったところでしょうか。

食べる回数は、無理に3食摂る必要はありません。予備断食の段階で、食事回数を減らすことに抵抗を感じないようであれば、減らしてみてください。よりファスティング日にスムーズに入っていくことができます。

予備断食の注意点

高脂質、高たんぱくな食事や、塩分の多い食べ物は避けてください。

お酒、お菓子、タバコなども控えることをおすすめします。予備断食といえど、お酒やお菓子を摂ってしまっては、ファスティング期間中の効果を最大限に引き出す事はできません。

しかもお酒やお菓子は中毒性が強い為、ファスティング前日まで摂っているようでは、そのままずるずるいってしまいかねません。気持ちの切り替えの意味もふまえて、予備断食の時は摂取しないようにしてください。

タバコに関しては、いきなり断つことは現実的に難しいかもしれませんが、タバコは体に害を及ぼすもの意外のなにものでもありません。

せっかくファスティングという、体にいい事をしているにもかかわらず、体に悪いものをわざわざ体内に入れては意味がありません。この機会に辞めてみる決意をしてみるものいいと思います。

予備断食のメニュー例

予備断食におすすめのメニューレシピを紹介します。

朝 ⇒「バナナとヨーグルト」 バナナ1本、ヨーグルト100グラム(約150キロカロリー)

昼 ⇒「冷奴納豆」 豆腐の上に納豆を乗せるだけ。豆腐1/2丁、納豆1パック、ねぎ、かつお節、醤油少々(約180キロカロリー)

夜⇒「お粥と焼き魚定食」 お粥はお茶碗1/2、鮭1/2切れ、味噌汁は大根、長ねぎ(約250キロカロリー)

こんな感じの簡単なレシピでOKです。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ