スムージーに含まれる酵素が消化吸収を助けてくれることによって起こる3つのいいこと

人間の生命活動に大きく関わり、体にとってなくてはならない栄養素が酵素です。

スムージーにはその酵素が豊富に含まれており、飲む事で酵素が体内に満たされると食べ物の消化吸収がよくなり、様々な良い効果をもたらしてくれます。

スムージーに含まれる酵素が消化吸収を助けてくれることによって起こる3つのいいこと

酵素とはなにか

体内にある酵素は大きく3つに分けられます。まず体の中で作られる酵素を「潜在酵素」といい、これは「消化酵素」と「代謝酵素」に分けられます。

もうひとつは、食事によって体内に取り込まれる「食物酵素」になります。この3つの酵素は、それぞれ次のような特徴をもっています。

潜在酵素について

体内で生産される潜在酵素は、一日で生産出来る量に限りがありその量は年齢とともに減っていきます。体内で使えば使うほど酵素量が減っていくのも特徴です。

消化酵素

潜在酵素の一つである消化酵素は、食物の消化吸収活動に必要不可欠な酵素です。食べた物を分解し、体が吸収しやすい物質に変える酵素になります。

消化酵素がなければ、栄養素を体内に取り入れることができないので、なによりも最優先で作られます。

代謝酵素

代謝酵素はあらゆる生命活動に関わる酵素になります。生命エネルギーの向上や糖のエネルギー変換、脂肪の燃焼、細胞の新陳代謝、解毒、排泄など生きていくのに必要なすべての活動に関わります。

代謝酵素の働きが悪くなると、太りやすくなったり、免疫力が低下するなど体に様々な害を及ぼします。

食物酵素について

食物酵素

外部から取り入れられる酵素になり、スムージーに含まれている酵素はこの食物酵素になります。

食べ物そのものを消化する働きがあり、体内で生産される消化酵素をサポートしてくれます。

代謝酵素と消化酵素のバランスが大事

潜在酵素である、消化酵素と代謝酵素は共に相関関係にあります。食べすぎなどで消化吸収に負担をかけすぎると、消化の大半に消化酵素が使われてしまい、代謝に使うべき代謝酵素が減ってしまいます。

代謝酵素が減ると体内の代謝機能が滞る為、脂肪が蓄積されたり病気にかかったりしてしまいます。

そうならない為に、外部から食物酵素を摂り入れ、潜在酵素の働きをサポートしていかなくなてはなりません。

スムージーに含まれる食物酵素がもたらす効果

スムージーには豊富な酵素が含まれており、飲むと体内で消化吸収を助けてくれ体にとって良い効果をもたらしてくれます。では具体的にどのような効果があるのでしょうか。

脂肪を燃焼し肥満を防ぐ

添加物が多く含まれた物や加工食品ばかり食べていると、それらの中には食物酵素が含まれていない為、体内の消化酵素を浪費してしまいます。

その結果、体は消化酵素を優先的に作ろうとする為、体内の代謝酵素の量が減ってしまい、代謝が悪くなり太ってしまいます。

スムージーに豊富に含まれる食物酵素を摂ると、食べた物の消化吸収を促進し、体内の消化酵素の消耗を防いでくれます。

消化酵素を節約できると、代謝酵素が活性化させるので新陳代謝が活発になり、脂肪を燃焼してくれるのです。

便秘を改善してくれる

酵素は使えば使うほどなくなっていく消耗品です。揚げ物や肉など消化に悪い食べ物ばかり食べていると、大量の消化酵素を消耗してしまいます。

しかも、揚げ物や肉などの消化に悪いものは、食物酵素がほとんど含まれていないので外部からも酵素を補給できず、体内にある消化酵素を消費し続ける事になります。

そうなると消化酵素が不足していってしまい、食べた物の消化吸収がうまくいかず便秘になってしまいます。

その点スムージーは、体内に入っても全く消化に負担がかからない為、消化酵素を浪費させずに済みます。

またスムージーに含まれる酵素も体内に摂り入れることができ、体内で順調に消化吸収されていきます。そうなると腸内環境も改善されていくので、便秘も解消されていくのです。

血液をサラサラにし、むくみを解消してくれる

消化酵素の使いすぎで代謝が低下すると、新陳代謝が滞り血液がドロドロになってきます。ドロドロの血液では、栄養が毛細血管まで行きわたりません。

そうなると、老廃物が排出されず代謝が更に悪化していき、それがむくみとなって表れてきます。

スムージーを摂り入れ体内で酵素をしっかり働かせることができれば、消化吸収がよくなり血液がサラサラになっていきます。

血液がサラサラになると、毛細血管まで血液がスムーズに行き渡るようになり、むくみを解消してくれるのです。

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

Topへ⇒スムージーランド - スムージーランキングからダイエット方法まで!

サブコンテンツ

このページの先頭へ